トップページ > ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスの選び方

基本の形

ウェディングドレスの基本の形には、スカート部の膨らんでいる順に、プリンセスライン、Aライン、マーメイドなどがあります。
プリンセスラインは少女マンガのお姫様が着用しているようなふっくらとしたスカート部が特長です。
Aラインは文字通りドレスを着たそのシルエットがアルファベットのAの文字のように見える形のドレスです。
マーメイドドレスは人魚姫のように体にぴたっと巻きつくような細身のドレスです。
プリンセスの形 Aラインの形 マーメイドの形

ドレス生地

光り輝くオーガンジー、白く柔らかなサテン、華やかな光沢のあるシャンタン等の生地がウェディングドレスには使われています。
シャンタンは光沢があり、軽くて動きやすい生地です。また、腰が強いのでカチッとしたシルエットをつくりたい時に使われます。
サテンはウェディングドレスに広く使われており、軽く、光沢がある柔らかな生地です。
そして最近では、キラキラと光り輝くオーガンジー生地がよく使われるようになりました。
シャンタン生地 サテン生地 オーガンジー生地

トレーンについて

ウェディングドレスといえば、ドレスの長いすそ(トレーンと言います)を引きずりながらバージンロードを歩く姿が真っ先に目に浮かびます。長いトレーンを選ぶ際には実際に着用して歩く場合を想定しておきましょう。トレーンによっては、前に進むに従いトレーンが段々とすぼんでしまうこともあるからです。長いトレーンは美しいものですが、歩きやすさ、ロケーション、トレーンを広げてくれる介添え人等々の状況を事前に確認しておきましょう。
1. トレーンのすぼみ現象の確認 →  ドレスショップに事前に確認しましょう
2. ロケーションの確認       →  リゾートウエディングで砂浜を歩いたりする事はむいていません
3. 介添え人の確認         →  トレーンを取り回す事を助けてくれる人が必要です

刺繍、レース

刺繍やレースはドレスを飾る美しい装飾品です。 刺繍・レースがついたドレスを選ぶ際には、縫製がしっかりしているもの、ほつれなどが無いものを選びましょう。特にビーズや水晶がついたもはほつれやすいので気をつけましょう。 但し、あまり小さな飾りや目の細かな刺繍のデザインは実際の挙式の際にはあまり目立たないので、どちらかと言えば大きな柄のデザインの刺繍、レースを選ぶと見栄えがよくなります。 カットレース1 カットレース2 刺繍

おめでた婚の場合

おめでた婚のウェディングドレス お腹の赤ちゃんに負担をかけないよう、ドレスはゆったりとしたものを着るのが基本です。エンパイアドレスのように、お腹の位置より少し上で絞込み、そのまま足元に向かってスカートが下がっているものを選ぶことをおすすめします。 プリンセスやAラインのドレスを選ばれると、パニエを着用する必要がありますので、お腹を締め付けないように注意しましょう。いずれにしろ、赤ちゃんは日に日に大きくなりますので、実際の挙式日のお腹の状態に合わせたドレスを選んでおくことが重要です。

インナーのこと

ウェディングドレスのインナー ウェディングドレス専用として高価な下着もありますが、一般の下着店で売っているコルセットタイプのインナーで十分対応ができます。但し、肩紐が外せる仕様になっていること、肩紐を外してもインナーがずり落ちないことがポイントです。アシェルウエディングのウェディングドレスは、背中にアジャストの紐がついていますのでコルセット的な機能も備えています。下半身については、夏に汗をかいたり歩きやすさを考えるとドロワーズの着用も良いでしょう。

コサージュについて

ウェディングドレスのコサージュ ドレスを飾るコサージュはとても美しいものです。コサージュは基本的にピンなどで取り外しができるようになっています。 コサージュはドレスと一緒にたたんだり、バッグに入れたらコサージュがつぶれてしまいますので、必ず専用のケースに入れて運びましょう。
サイトマップ 個人情報保護