トップページ > 販売ドレスについて

価格と品質なら販売ドレス

価格と品質にこだわると販売ドレス

結婚パーティ 多くの旧在庫を抱え、それをいかに回転させて利益を出して行くか? というビジネスモデルがレンタルドレス店とすると、常に最新デザインの新品の商品を仕入れて素早く売りさばく というのが販売ドレスの手法です。
今のように、インターネットによる最新情報もなかった時代には、居住する地区にある貸衣装屋さんで ドレスの在庫一覧から選んで着るということが一般的だったと思いますが、現代ではとにかくお客様は 最新ドレスの情報を膨大に集め、勉強をされてからお店に来られ試着して一番満足のゆくドレスを 選ばれています。
それにより、ドレス店側もお客様の厳しい目に合格するような美しい、品質の良い最新のドレスの品ぞろえを 行い、且つ、価格的にも十分に安くしなければ勝ち残ることができません。
ふんだんな情報が気軽に手に入る時代背景と、お客様の厳しい選択眼から、ウエディングドレスは従来の レンタル方式から、最新モデルを売り切りの形式である、販売方式へ大きく変化しています。  それにより、価格的にも品質的にも競争にさらされ、良いドレスがリーズナブルナ価格で手に入るように なったと考えられます。
レンタルドレスをお考えになっていたお客様も、是非、一度販売ドレスのお店をご訪問ください。



海外では販売ドレスが一般的

新婦と新郎 まず、日本をとりまくアジア諸国では、ウエディングドレスをレンタルで借りることは稀です。
その理由としてドレスの単価が非常に安いことが挙げられます。 
価格は安く、正直、ドレスの品質も非常にペラペラで、これでは日本や欧米市場では受け入れられないと 思われるものでした。 
しかし、最近では生活レベルの向上とともにドレスの品質は飛躍的に向上し従来輸出にまわしていた ウェディングドレスが自国市場ないでもぽつぽつと販売あれるようになってきたようです。  しかし、ドレスは販売が中心のようです。その二つ目の理由としては日本のように、裸足で歩いても汚く ないような清潔な式場、例えば高級ホテルの宴会場のような設備で結婚式を挙げる人々はまだ少数派で、 多くの人々は地元のレストランで披露宴を行うことが一般的の様です。それら地元のレストラン、 多くは中華料理店の床はお世辞にも清潔とは言いにくく、料理の汁やたばこの吸い殻、足跡でかなりの 汚れを含んでいるところが多く、そのような場所で何時間も着られたドレスは、あとで洗濯してもなかなか 汚れが落ちにくいのでしょう。
また、少し理由は異なりますが、アジアの国々では自分のために洋服を仕立てる文化が残っています。  特に女性の洋服は、今でも仕立て屋さんが活躍しているようです。 そのような社会文化を背景に ウェディングドレスも自分用に仕立てあげることが非常に一般的です。
特に、手先の器用な人々が多い中華系の街では婚礼衣装店も多く、仮縫いのドレスを試着に来ているお客さんを 良く見かけました。 日本のドレスの様に数十万円もするような豪壮可憐なものではなく、気軽に着れるような シンプルなタイプが多いようでした。
サイトマップ 個人情報保護